Formlabsの自動化製品で24時間365日の常時稼働を

Form 3シリーズのスペースで低コストにリモート制御対応のオートメーションを実現。 

詳細解説ウェビナーに登録

複数台の3Dプリンタを最大限に活用

24時間365日の連続生産により、高品質かつ低コストでの生産能力が飛躍的に向上。誰もが簡単かつすぐに使えるソリューションで複数のプリンタを自動運転し、アイドルタイムをゼロにすることができます。 

3Dプリントの自動化で大幅な省力化と効率化

最大80%*の省力化により、人件費を含めた造形品1点当たりのコストを最小化。Formlabsのオートメーション製品は、3Dプリント業務に要する労力を大幅に削減するソリューションです。プリントから造形品の取り外し、次のプリントの開始まで、その日の業務を終えて職場を出た後も、プリントは自動で継続されていきます。数日分の造形品の後処理も、Form Autoなら数分のうちに一回で行えます。

3日間でGreyレジンによる回転アームを1000点プリント**:

セットアップ自動化製品使用自動化なし
所要時間82時間59分248時間57分
レジンカートリッジ交換回数ゼロ5回
必要人員数1人2人
造形コスト単価約290円約440円

*Draftレジンにて歯列を200µmの積層ピッチでプリントした際の情報に基づき算出
**試算には設備費、人件費、設備償却費が含まれます。

自動化でその3Dプリント業務が
どこまで変わるのか、試算いたします。

Live Webinar

デスクトップで低コストに実現する3Dプリントの自動化

1月31日(火)16時スタートの本無料ウェビナーにて、新規導入または既設のFormlabs 3Dプリンタを即座に自動化し、リモート制御にも対応した高度な運用が行えるオートメーション製品を日本語で詳しく解説します。

技術記事

自動化による生産性大幅向上で3Dプリントでの量産が視野に

Formlabs製品でビジネスを行う受託量産メーカーでは、約140台のForm 3をたった1人のオペレーターが運用しています。本記事ではオートメーション製品を早期採用した同社の時短と作業効率化術を詳しく解説しています。

今すぐ読む

稼働率を最大化する3Dプリント自動化のメリットを実感

Formlabsの自動化製品 Form Auto、Fleet Control、High Volume Resin Systemは、他のどこにもない省スペース+低コストでオートメーションを実現し、かつてないスピードでの生産を実現します。

オートメーション製品

Form Auto

Form 3シリーズの自動化装置

Form Autoは、プリントを終えた造形品を自動的にBuild Platform 2(ビルドプラットフォーム2)から取り外し、人の手による作業を必要とせずに次のプリントを開始し、24時間365日の常時稼働を実現するForm 3+およびForm 3B+用の機能拡張ハードウェアです。

連続してプリントが行えるForm Autoでは、複数のプリントジョブを連続的に処理することができ、リモート操作でもワンクリックで大量のプリントが行えます。

Form 3