3Dプリント製の成形型で少ロット射出成形を高速化

3Dプリントと射出成形を開発プロセスに組み込むことで、製品開発の加速化、コストと製作期間の削減、より高品質な製品の市場投入が実現できます。

低コスト・高効率で量産前のテスト生産を実現

生産規模に関わらず、3Dプリント製の射出成形型を活用することで機能確認用試作やパイロット生産用の部品、実製品用部品を数百から数千の単位で高効率かつ低コストで製作できます。

射出成形用の3Dプリント製成形型
技術記事

Holimakerが3Dプリント製の型を使って数百点にのぼる試作品やプリプロダクション品を製作

Holimakerでは、受注案件の8割から9割に3Dプリント製の成形型を使用しています。

小型射出成形機から大型の産業用射出成型機まで

Formlabsの3Dプリンタで製作する射出成形型は、様々な圧力や温度、材料を使って、小型から大型まで様々な射出成形機での使用に耐えられることが実証されています。

実際に採用された成形条件を見る
3Dプリントのエコシステム:設計、造形、後処理まで

デスクトップ型製品の完全ラインナップ

Formlabsの3Dプリンタと小型の射出成形機を併用することで、3Dプリント製の射出成形型を活用した内製が簡単に実現いただけます。試作品の試験・検証・設計調整のサイクルを高速で回せるだけでなく、量産で使用する材料を使ってのテスト生産、そして最小限の設備とトレーニングで実製品用部品の少量製作まで可能になります。

どんな射出成形ワークフローにも対応

Formlabsの包括的で使いやすい製品群は、射出成形のあらゆるワークフローにシームレスに統合できます。3Dプリント製の成形型を活用することで何百何千もの射出成形品の生産を従来より短期間かつ低コストで実現でき、特に小ロットでの射出成形ではコストと製作期間を大きく削減することができます。

クイックスタートガイドを読む
射出成形型の3Dプリント用設計
ステップ1

成形型の設計

3Dプリント製の射出成形型を設計する際は、製造業界で適用される一般的な設計原則を遵守する必要があります。
射出成形型の3Dプリント
ステップ2

成形型の3Dプリント

Formlabs SLA光造形3Dプリンタでは、Rigid 10Kレジンなどの高機能材料を用いて、強度が高く滑らかで細かなディテールもしっかりと表現できる成形型を製作します。
3Dプリント製射出成形型のアセンブリ
ステップ3

成形型の組み立て

3Dプリント製の成形型をマスターユニットダイで組み立てることで、型の長寿命化が狙えます。
3Dプリント製の射出成形型をクランプ
ステップ4

成形型のクランプ

3Dプリント製せの成形型をデスクトップサイズまたは産業用射出成形機に取り付けます。
3Dプリンタ製の成形型を使った射出成形
ステップ5

射出成形

Formlabsの3Dプリンタで製作する成形型は、さまざまな条件で検証済みです。
3Dプリント製の射出成形型を冷却
ステップ6

冷却

プラスチック製の成形型の場合は冷却時間がやや長くなることがありますが、圧縮空気を使って冷却を速めることもできます。
3Dプリント製の射出成形型を離型
ステップ7

離型

エジェクターピンを追加することで、離型も自動で簡単に行えます。

3Dプリント製の射出成形型の製作を始めるために

手頃な価格の3Dプリンタと高機能材料を揃えるFormlabsの製品群では、厳しい成形条件下で数百または数千単位の部品生産に使用される、高強度で滑らか、かつディテールまで精細に表現した射出成形型の製作が可能です。

射出成形型の製作に

  

Form 4

高機能SLA方式3Dプリンタ

Form 4なら、後処理の必要性を最小限に抑えながら、高い表面品質と繊細な形状まで高度に再現し、設計に忠実な射出成形品を生み出す成形型を製作できます。

Form 4を製品開発プロセスの様々な段階で活用することで工程全体の効率性が向上し、迅速にROIを回収できます。試作品の3Dプリントから小量生産用の成形型の製作まで、Formlabsの製品群はあらゆる製品開発プロセスに簡単に導入いただけます。

Form 4
Form 4デスクトップサイズ3Dプリンタを操作する男性
射出成形と3Dプリント
3Dプリントサンプルパーツ
無償サンプルパーツのお申込

射出成形に関するその他の資料

Formlabsの3Dプリンタを使った射出成形型の製作に役立つその他の資料をご紹介します。

3Dプリントで射出成形型を製作する