生産治具の3Dプリント化でどんなニーズにも対応

生産用の治具や固定具、設備の交換部品の一部を3Dプリントで内製できれば、生産工程で発生する多くの問題に迅速に対処することが可能です。冶具や固定具、その他ツール類や交換部品の一部でも内製化が実現できれば様々なリスクへの対策となるだけでなく、効率化とコスト削減を同時に実現いただけます。

治具や固定具等ツール類

今や世界中で現場の課題解決や生産効率向上を図るソリューションとして、3Dプリントの内製化に踏み切るメーカーが増えています。交換部品やオリジナルの部品以上に高機能(格子状、ばね状あるいはその組合せ等)なカスタム品を3Dプリントで内製することで設備のダウンタイムを低減し、カスタム治具や固定具の製作では、外注時と比較して製作期間とコストを大きく改善することが 可能です。

リバースエンジニアリング:
パワフルなデジタルワークフロー

3Dスキャンと3Dプリントによるリバースエンジニアリングは、交換部品のデジタル製作を強力に推進するソリューションです。機器を丸ごと交換するのではなく、壊れた部品を3Dスキャンすることで、部品1つ当たり数百円程度で、その場ですぐに製作いただけます。

ステップ 1

3Dスキャン

高精度3Dスキャナで製作したいパーツをスキャン。可能な限りモデル全体をスキャンし、最高精度のスキャンデータが得られるよう注意。
ステップ 2

ファイルの変換

3DスキャンデータをCADソフトウェアの対応ファイル形式に変換。小さな隙間ができる場合は、必要に応じて隙間を埋めてメッシュを再生成する。
ステップ 3

3Dプリント

モデルをFormlabsの3Dプリント準備用ソフトウェア PreFormで読み込み、造形準備が終わったらジョブをプリンタにアップロード。
ステップ 4

検証と調整

造形物が完成したら採寸・検証を行い、必要に応じてデザインの調整を実施。検証をパスしたら機械に交換部品を取り付け。

3Dプリント導入のコストはどれくらいで回収できるか

3Dプリントの内製化には初期投資が必要ですが、一般的にその投資は導入後数週間から数か月で回収いただけます。理由としては、内製での3Dプリントは外注や従来型の製作方法のコストよりも遥かに低いコストで運用できるためです。

3Dプリントと他の製作方法との比較:こちらのROI試算ツールで費用対効果をご確認いただけます。

コスト比較

Pankl Racing Systemsは、カスタム治具の製作に3Dプリントを導入することで製作期間とコストを大きく削減しています。

 

3Dプリント

5 - 9時間

48倍高速化

1,000 - 3,200円

コストは12分の1に

 

CNC加工

2 - 3週間

 

5,100 - 39,000円

 

充実の材料ライブラリで
多彩な生産用治具を製作

誰もが簡単に扱えて導入コストも低い3Dプリンタと高機能材料のFormlabs製品で、
用途に合わせた様々な物性をもつ生産治具を、すべてその場で低コストに製作いただけます。

生産治具用ツール

  

Form 3+

次世代光造形(SLA)方式3Dプリンタ

Form 3+は極めて高い寸法精度と高精細なディテール表現、そして驚くほど滑らかな表面品質でデザイン通りの生産用治具や固定具を高速かつ最低限の後処理で製作いただけます。手ごろな価格で長期使用に耐える生産用治具やツール類を内製化すれば、新たに必要となったものがその場で、専門技術を要さず製作いただけます。

Form 3+は製品開発の様々なステップを効率化し、コスト効率向上に寄与します。Formlabs製品は、開発プロセスのあらゆる段階に簡単に導入いただけます。

Form 3
injection molding & 3d printing
3d printing ecosystem
無償サンプルパーツのお申込

生産治具製作に関する各種資料

Formlabs製3Dプリンタによる治具製作の内製化に役立つ資料をご紹介します。

Get Started 3D With Manufacturing Aids