3Dプリント:
用途別の活用例

Formlabsが展開するSLA方式3Dプリントは、アート作品の製作から製造業におけるあらゆる段階の試作、射出成形などの金型や治具製作、特に消費者向けの実製品用パーツまで幅広い用途に活用いただけます。

また、SLS(粉末焼結積層造形)方式では、試作はもちろん実製品用部品のバッチ生産が可能で、小ロットの量産にも対応。更に表面処理を行うことで用途の幅を広げることが可能です。

ラピッドプロトタイピング

3Dプリントでの高速試作で製品開発の期間とコストを削減

デスクトップ3Dプリンタによるラピッドプロトタイピングは、導入・運用が低コストで行え、その日のうちに試作品製作が完了できます。その後の検証結果に基づく設計、寸法、形状、アセンブリの微調整から再試作のイテレーションも高速で行えるため、より高品質な製品をより早く市場に投入いただけます。

3D printing for Rapid Prototyping

ラピッドツーリング

3Dプリントで金型や治工具を高速製作

開発プロセスに3Dプリントによるラピッドツーリングを導入することで、特に量産用の金型を起こす前の簡易型による検証や試作、または治工具の製作が高速かつ低コストで行えます。また、カスタム品や少量生産品であれば実製品用の部品製造も高速・コストで行えます。

3D printing for Rapid Toling

最終製品/部品の製造

小ロットの量産品やカスタム品、複雑なデザイン品を製造

特に近年の3Dプリント用材料の技術革新により、3Dプリントは従来の試作用途だけでなく、金型や治具などの製造ツールを製作できるようになり、そして今では最終製品用の部品を直接3Dプリントで製造できるようになってきました。3Dプリント品に表面処理を施せば、実製品としての用途は更に拡大できます。

3D printing end use parts

射出成形用金型

注型や量産用金型製作前の試作用簡易型にも

SLA方式3Dプリントでは、ノズルから押し出すFDMなどのように熱可塑性樹脂を用いず強度に異方性もないことから、耐熱性と非常に高い強度と剛性を持つ材料で射出成形の金型(樹脂型・簡易型)製作が行えます。また、小ロットでそれほどシビアでない射出条件の場合では、実製品の生産でも実績があります。

3Dプリント製の射出成形金型

熱成形用金型

パッケージから筐体、カバーや自動車部品にも

SLA方式3Dプリントでは、射出成形同様に熱成形用の、また真空成形や加圧成形用の金型も製作いただけます。Formlabsの材料ライブラリには、200℃を超える荷重たわみ温度を持つ材料、さほど高温での成形でない場合は最大4倍速でプリントできる高速試作用のDraftレジンもご使用いただけます。

3Dプリント製の熱成形用金型

各種治工具など生産ツール

そのライン専用の治工具も3Dプリントなら高効率に

3Dプリントによる治工具製作は、製造工程によくある課題を解決し得る重要な活用法です。例えば、そのライン専用の冶具や固定具、工具、更には設備機器の交換部品も3Dプリントで製作することが可能です。3Dプリントで治工具を内製できれば、問題が発生した際に直ちに対応することができ、生産のダウンタイムを最小化できる保険となるだけでなく、金型レスで高強度な治具の少量生産が行えます。

3D printing manufacturing aids

アートや映像制作用モデル

アートやエンターテインメントの作品製作も革新

アート作品や模型、映像制作用のモデル製作には、長い製作時間と多大な労力が必要です。しかし3Dプリントの活用で時間とコストが大きく削減できるだけでなく、3Dプリントの造形品に塗装などを行うことで、命を吹き込まれたかのようなリアルな作品に仕上げることができます。

3D printing models & props

マス・カスタマイゼーション

消費者に無理な価格を強いることなく現実的なコストで

マス・カスタマイゼーションという言葉が使われるようになって以来、既に数年が経過しているものの、消費者が気軽に手を伸ばせるような価格で販売できたマス・カスタマイゼーション製品はまだ数えるほどしかありません。しかしFormlabsは、既にこの領域にも実績を持っています。

マス・カスタマイゼーション
ROI
Form 3 demo image