3Dプリント活用法

3Dプリントは、高精度モデルの製作からラピッドプロトタイピング、射出成形の金型製作等のラピッドツーリング、各種治具製作、製造面での最終製品用パーツまで、幅広い用途に活用いただけるソリューションです。

ラピッドプロトタイピング

内製によるラピッドプロトタイピングで新製品を迅速に市場へ

デスクトップ型3Dプリンタによるラピッドプロトタイピングは、手頃な価格で導入でき、当日中に試作品製作が完了できます。その後の検証・分析結果に基づくデザイン、サイズ、形状、アセンブリの修正・反復検証もより迅速に行え、その結果、より高品質な製品をより迅速に市場に投入いただけます。

3D printing for Rapid Prototyping

ラピッドツーリング

3Dプリンタによるラピッドツーリングで金型等の生産ツール製作を強化

開発プロセスに3Dプリントによるラピッドツーリングを導入すれば、製品開発を加速し、設計修正による反復検証も高速化し、より良い製品をより迅速に市場に送り出すことができます。3Dプリントによるラピッドツーリングでは、量産開始前の段階でデザインと選定した材料を余裕をもって検証いただけます。また、カスタム品や限定生産品の最終製品用パーツ製造コストも低減することが可能です。

3D printing for Rapid Toling

生産用治具

3Dプリント製の生産用治具で生産効率を向上

3Dプリント製の生産用治具は、製造工程においてよく見られる問題に対処する重要なツールです。例えば、カスタム品の冶具や固定具、ツール類や設備機器の交換部品もそれに含まれます。3Dプリントによる生産用治具を内製することで、問題に即座に対処することができ、製造工程の効率化とコスト削減、そして生産品質向上を一挙に図ることができます。

3D printing manufacturing aids

最終製品用パーツ

最終製品用のカスタムパーツや複雑な形状を備えたパーツを製作

最終製品用パーツとは、製品として販売される、または製品のアセンブリに組み込まれる、あるいは製品の部品としてそのまま使用されるものを指します。3Dプリントでは、金型を使わず最終製品用パーツを製作することができ、カスタムパーツや複雑なデザイン形状をもつパーツも高いコスト効率をもって製作いただけます。

3D printing end use parts

模型や美術用小道具

高精細模型や美術用小道具の3Dプリント

従来のように模型や美術用小道具の製作に長い製作時間をかける必要がなくなります。模型を3Dプリントで製作することで、時間とコストを大幅に削減し、精細な表面のディテールを正確に表現した模型を迅速に完成いただけます。

3D printing models & props
ROI
Form 3 demo image