SLA光造形方式3Dプリントは、様々な先端材料で高い精度と等方性、防水性を備えたパーツを、微細な形状や滑らかな表面品質と共に製作できることから、非常に広く支持されています。SLA光造形方式は、公差要件が厳しく、滑らかな表面品質が求められるラピッドプロトタイピングやラピッドツーリング、治工具や模型の製作、実製品用部品の小ロット量産などの用途に最適です。

2011年にSLA光造形3Dプリントをデスクトップ型プリンタで実現したFormlabsは、それ以来業界のプロから信頼されるマーケットリーダーとして、現在までにデスクトップ型プリンタと大容量ベンチトップ型プリンタを合わせて10万台以上販売しています。

Formlabs SLA光造形3Dプリンタの詳細

Form 4

超高速で叶える、工業グレードの品質

誰にでも使いやすいワークフロー、確かな信頼性、驚くような造形品質を味方に、Form 4シリーズであなたのアイデアを最速で具現化しましょう。Form 4は、業界屈指の材料ライブラリと確かな信頼性、高精度プリントエンジンを融合させた超高速マスク式SLA光造形3Dプリンタです。Form 4は、どのレジンを使用しても厳しい公差要件を満たし、設計パラメータに忠実な造形が可能です。

最大造形サイズ
200 × 125 × 210mm
 
造形方式
MSLA(マスク式光造形)方式

最適な用途:

ラピッドプロトタイピングおよび製品生産
ラピッドツーリングと治具・固定具製作
金型や鋳造用の金型製作
模型製作

Form 4B

医療グレードの精度を、超高速造形で

誰にでも使いやすいワークフローと確かな信頼性、幅広い用途対応の万能材料、驚くような造形品質を味方に、生体適合性と可滅菌性を備えた解剖学模型や医療器具を、Form 4Bシリーズとヘルスケア向けの多様な高機能材料で高速製作しましょう。

最大造形サイズ
200 × 125 × 210mm
 
造形方式
MSLA(マスク式光造形)方式

最適な用途:

生体適合性や減菌要件への準拠が求められる小型および中型の造形品
医療機器の試作、冶具、模型、実製品用部品
各患者専用の手術器具や解剖模型
診断や教育用の視覚的補助ツール
FDA認定作業工程で使用する診断用の術前計画用模型
歯の形をしたアイコン

歯科医療従事者

歯科用プリントが可能なForm 4Bの詳細はこちら

Form 3+

工業レベルの品質を手頃な価格で実現する、デスクトップサイズSLA光造形3Dプリンタ

Form 3+は機能的で高品質な試作品や実製品用部品を高速で造形する、低コストで信頼性の高い工業用デスクトップ型SLA光造形3Dプリンタです。安定した高い造形品質と精度、容易なセットアップとメンテナンス、豊富な高機能材料で、優れた3Dプリント体験をご提供します。

最大造形サイズ
145 × 145 × 193mm
 
造形方式
光造形(SLA)方式

最適な用途:

ラピッドプロトタイピングおよび製品生産
ラピッドツーリングと治具・固定具製作
金型や鋳造用の金型製作
模型製作
Form 3+の詳細

Form 3B+

ヘルスケア業界向けに開発された高度なデスクトップ型3Dプリンタ

医療従事者向けに開発された高度なデスクトップ型3DプリンタForm 3+を導入することで、革新的な研究開発プロジェクトや小規模な商業生産を外部委託する必要がなくなり、各患者に特化したパーツを治療現場で高速造形できるようになります。Form 3B+は、生体適合性、滅菌可能な材料を含む、FormlabsのすべてのSLA材料に対応しています。

最大造形サイズ
145 × 145 × 193mm
 
造形方式
光造形(SLA)方式

最適な用途:

生体適合性や減菌要件への準拠が求められる小型および中型の造形品
医療機器の試作、冶具、模型、実製品用部品
各患者専用の手術器具や解剖模型
診断や教育用の視覚的補助ツール
FDA認定作業工程で使用する診断用の術前計画用模型
Form 3B+の詳細
歯の形をしたアイコン

歯科医療従事者

歯科用途対応のForm 3B+をお探しですか?

Form 3L

大型品も実物大で確実に製作できる大容量3Dプリンタ

費用対効果に優れた大容量3DプリンタForm 3Lなら、ディテールへのこだわりを妥協することなく、大きなアイデアを実物大で具現化することができます。

最大造形サイズ
335 x 200 x 320mm
 
造形方式
光造形(SLA)方式

最適な用途:

実物大のラピッドプロトタイピング
大型模型
ラピッドツーリングと治具・固定具製作
Form 3Lの詳細

Form 3BL

ヘルスケア業界向けに開発された大容量SLA光造形3Dプリンタ

Form 3BLは、FDAに登録されたISO 13485認証取得済み施設で製造された滅菌可能な生体適合性レジンを含む、FormlabsのSLA材料の大部分に対応する大容量3Dプリンタで、成人患者の解剖モデルを実寸大で、あるいは大型医療機器を一度に造形することが可能です。

最大造形サイズ
335 x 200 x 320mm
 
造形方式
光造形(SLA)方式

最適な用途:

生体適合性や減菌要件への準拠求められる大型部品
小児から成人患者までの実物大の解剖模型
医療機器の試作品、治工具、金型や実製品用部品
外科医特注または患者に特化した手術用器具
FDA認定作業工程で使用する診断用の術前計画用模型
Form 3BLの詳細
歯の形をしたアイコン

歯科医療従事者

Formlabsの歯科医療用プリンタ、Form 3BLをお探しですか?

SLA光造形プリンタで自動化を実現

リモート操作対応のForm 3+を自動化。いつでもどこでもプリントを開始し、生産性をかつてないレベルに。Formlabsのオートメーション製品、Form Auto、Fleet Control、そしてHigh Volume Resin System(ハイボリューム・レジンシステム)を使えば、高品質かつ低コストで24時間365日の連続常時稼働が実現できます。

詳細を見る

SLA光造形3Dプリント用材料

標準・工学・産業用の熱可塑性樹脂に匹敵する様々な光学的・機械的・熱的特性を備えた、革新的なSLA光造形レジンとSLS用パウダーが45種類以上開発されています。

SLA光造形3Dプリント用材料を見る
SLA光造形のサンプルパーツ

SLA 3Dプリント活用術を見る

ラピッドプロトタイピング

浮かんだアイデアをその日のうちに、実製品のような外観と機能を備えた再現性の高いプロトタイプとして具現化。より高品質な新製品を、いち早く市場に。

  • コンセプトモデル
  • 実製品と遜色ない外観確認用プロトタイプ
  • 機能確認用試作品
詳細を見る
3Dプリント - ラピッドプロトタイピング

Formlabs SLA光造形3Dプリンタの比較

Form 3

造形方式

MSLA(マスク式光造形)方式

材料の種類

レジン

生体適合性材料

なし(Form 4Bで提供)

最大造形サイズ

200 × 125 × 210mm
 

積層ピッチ

25 - 300ミクロン
0.001 - 0.012in

光源

バックライトユニット(LED x 60)

サポート材

自動生成
ライトタッチによる迅速な取り外し

材料

23種類以上の業界屈指のFormlabs材料、およびOpen Platformを使用したサードパーティ製材料現在、その他の新材料も開発中です。

使用環境

環境条件:PUレジンのみ湿度管理のためドライキャビネットが必要となります。

プリンタ寸法(幅 x 奥行 x 高さ)

398 × 367 × 554mm
 

ソフトウェア

PreForm造形準備用ソフトウェア
Dashboardプリンタ管理ツール

Form 3

造形方式

MSLA(マスク式光造形)方式

材料の種類

レジン

生体適合性材料

あり

最大造形サイズ

200 × 125 × 210mm
 

積層ピッチ

25 - 300ミクロン
0.001 - 0.012in

光源

バックライトユニット(LED x 60)

サポート材

自動生成
ライトタッチによる迅速な取り外し

材料

14種類の生体適合性材料を含む、37種類以上の業界屈指のFormlabs材料、およびOpen Platformを使用したサードパーティ製材料現在、その他の新材料も開発中です。

使用環境

環境条件:PUレジンのみ湿度管理のためドライキャビネットが必要となります。

プリンタ寸法(幅 x 奥行 x 高さ)

398 × 367 × 554mm
 

ソフトウェア

PreForm造形準備用ソフトウェア
Dashboardプリンタ管理ツール

Form 3

造形方式

SLA光造形方式

材料の種類

レジン

生体適合性材料

非対応(Form 3BLにて対応)

最大造形サイズ

335 x 200 x 320mm
 

積層ピッチ

25 - 300ミクロン
0.001 - 0.012in

光源

250mWレーザー x 2基

サポート材

自動生成
ライトタッチによる迅速な取り外し

材料

23種類以上の業界屈指のFormlabs材料、およびOpen Platformを使用したサードパーティ製材料現在、その他の新材料も開発中です。

使用環境

環境条件:PUレジンのみ湿度管理のためドライキャビネットが必要となります。

プリンタ寸法(幅 x 奥行 x 高さ)

770 x 520 x 740mm
30.3 x 20.5 x 29.1in

ソフトウェア

PreForm造形準備用ソフトウェア
Dashboardプリンタ管理ツール

Formlabs SLA光造形3Dプリンタを選ぶ理由

設計工程:デスクの上に置かれた紙とツール。
信頼性

完璧なプリントを、いつでも

Formlabsの社内チームが、ハードウェア、ソフトウェア、材料を統合および最適化することで、業界屈指のプリント成功率と信頼性を保証します。

機能的な3Dプリンタ
使いやすさ

シームレスな作業手順

プリントのみならず後処理まで一貫して効率化されたFormlabs製品では、設計から造形品の完成までを最低限の工数で行えます。

ステップ 3
万能性

35種類以上の高性能材料

Formlabsは、機械特性、熱特性、生体適合性に優れたSLA光造形3Dプリント用の高機能レジンを幅広く取り揃えています。

ステップ 4
サポート

安定稼働をサポート

FormlabsのService Planは、ホットスワップによるプリンタ交換や専用の電話サポート、トレーニング等を提供し、お客様にビジネスの成長に集中いただくことを目的としています。

SLA光造形方式とその他3Dプリント方式の比較

SLA vs DLP画像

SLA方式とDLP方式

レジンを使用する3Dプリント方式として最も一般的なのは、SLA光造形方式とDLP(デジタルライトプロセッシング)方式です。

SLA vs FDM画像

SLA方式とFDM方式

FDM(熱溶解積層)方式とSLA光造形方式は、市場で最も支持されている2種類の3Dプリント技術です。

SLA vs SLS画像

SLA方式とSLS方式

SLS(粉末焼結積層造形)方式とSLA光造形方式は、業界のプロに最も人気のある3Dプリント技術です。

SLA光造形3Dプリンタに関するFAQ

SLA光造形プリンタはどのように機能するのですか?

SLA光造形3Dプリンタは、液体の光硬化性樹脂に光源を照射し、光重合という化学反応を利用して硬化させる造形方式です。以下の動画で作業手順をご確認いただけます。

Formlabs SLA光造形3Dプリンタを選ぶ理由は?

SLA光造形方式でプリントした造形品は、レジンを使う3Dプリント方式の中でも解像度や精度、ディテールの再現性、表面品質の滑らかさが最も高い仕上がりになります。また、標準・工学・産業用の熱可塑性樹脂に匹敵する様々な光学的・機械的・熱的な特性を備えた革新的なSLA用レジンが開発されているおかげで、どんな用途にも対応できる万能性もSLA光造形プリンタの特徴です。

SLA光造形方式は、、原型、機能部品など、公差要件が厳しく、滑らかな表面品質が求められる繊細なディテールを持った試作品製作に最適です。また、SLA光造形方式は、工学用から製造業、歯科、ジュエリー、模型製作、教育分野における製品設計まで、様々な分野で幅広く使われています。

SLA光造形プリンタの価格帯はどの程度ですか?

SLA光造形プリンタの価格は、$300から$250,000以上と様々です。

  • 低価格なものをお求めの場合、DIY向けやホビイスト向けの低価格SLA光造形プリンタが魅力的ではありますが、人の介入が多く必要な作業手順や安定性の低さ、使用できる材料の少なさなど、価格が安いことによるトレードオフも大きくなります。
  • ミッドレンジのSLA光造形プリンタは、業界プロ向けの設計になっています。Form 3+は$2,499から、大容量SLAプリンタのForm 3Lは$8,999からお買い求めいただけます。
  • 受託メーカーなどで主に使用されている従来型の工業用SLA光造形プリンタは、$100,000から購入できます。

SLA光造形プリンタは初心者にも向いていますか?

はい。フィラメント方式やSLA光造形方式の3Dプリントは、教育現場でも最も人気のある方式です。最初から最後まで包括的な手順で使いやすいこと、トレーニング資料が豊富なこと、そしてパーソナルサポートが可能なことが、FormabsのSLA光造形プリンタが初心者にも使いやすい理由です。

SLA光造形方式とフィラメント方式はどちらの方が優れているのですか?

お客様の用途や好みによって異なります。詳細は、フィラメント方式とSLA光造形方式の3Dプリンタを徹底的に比較したガイドをお読みください

レジンを使った造形品は二次硬化が必要ですか?

二次硬化の必要性はご使用になる材料によって異なりますが、二次硬化によって造形品の強度を最大限に高め、より安定した品質にすることができます。機能性レジンやスペシャルティレジンをご使用になる場合は特に、材料に備わる特性を最大限に発揮することが非常に大切です。生体適合性材料の場合、規制当局が定める安全基準を満たすために二次硬化は必須です。レジン製の造形品の二次硬化をお読みいただくか、SLA造形品の後処理および表面仕上げですべての作業手順をご確認ください

SLA光造形方式による造形品の強度はどの程度ですか?

ご使用になる材料によって異なりますが、SLA光造形方式の造形品の強度は非常に高いと言えます。また、SLA光造形品は等方性を備えているため、X軸、Y軸、Z軸のどの方向に対しても同じ強度を持ちます。

Formlabsの材料ライブラリをご覧いただき、お客様の用途に最適な高強度エンジニアリング材料をお探しください。

SLA光造形品は防水ですか?

はい。SLA光造形方式による造形品は通常、防水性と気密性を備え、二次硬化後のレジンは吸水性が非常に低くなります。

レジンは安全に3Dプリントできますか?

一般的に、レジンの3Dプリントは安全に行えます。しかし、低価格レジンの中には頻繁な換気が必要なほど臭いが強かったり、よりリスクの高い化学物質が含まれているものもあります。Formlabsのレジンはいずれも、家庭用洗剤または接着剤と同等かそれ以上に安全な材料となるよう設計されています。Formlabsのレジン材料の取扱いについてはこちらをご確認ください。また、新しい材料をご使用になる場合は必ず安全データシートをお読みください。

FormlabsのSLA光造形3Dプリンタでサードパーティのレジンは使用できますか?

Formlabsでは、認可済みのサードパーティ製レジンとOpen Material Licenseを提供しています。Open Material Licenseとはオプションでプリンタごとにご購入いただけるライフタイムライセンスで、ライセンス付与後はFormabs認可済みのサードパーティ製レジンをすべてご利用いただけます。Open Platformの詳細はこちらからご確認いただけます。